カイロの日(12月1日)の由来とぽかぽかキャンペーン2015

12月1日は「カイロの日」です。カイロの日の由来ぽかぽかキャンペーンについて調べてみました。

スポンサーリンク

カイロの日とは?

寒い冬、私たちを温かく守ってくれるカイロ。最近では、おなじみの振って温めるポケットカイロに加え、「靴下用」「腰用」「背中用」「座布団用」など細かく部位を温めるものや、「貼るカイロ」「塗るカイロ」など機能的なもの、「電子レンジで繰り返し使えるカイロ」「燃料式金属製カイロ」など、多種多様なカイロがあります。

カイロは、日本で生まれた発明です。その歴史は古く、江戸時代に寒さを凌ぐために懐にしのばせていた「温石(おんじゃく)」という温めた石が発祥だと言われています。
12月1日は、寒くなる季節に向けて、カイロについて正しい知識やカイロの普及、需要促進を目的として様々な活動が行われる日です。

カイロの日の由来

カイロの需要がピークを迎える12月最初の日

1978年、日本初の「使いきりタイプのカイロ」が商品化され、カイロは冬の生活に普及し始めました。袋から取り出して振るだけ、という手軽さが受け、瞬く間にカイロの消費量は拡大したのです。その後、1980年代には国民の健康志向が高まり、カイロの温熱を健康に役立てる「カイロ健康法」が話題となりました。また、メーカーも時代に合わせて様々なカイロを発売し、今では一年を通してカイロは利用されるようになりました。

1981年、カイロメーカー46社が集まり、「日本使いすてカイロ同業会」を設立(2001年5月17日「日本カイロ工業会」と名称変更)。1991年、設立10周年を記念し、カイロの需要が伸びる12月の最初の日を「カイロの日」として制定しました。

カイロの日のイベント

ぽかぽかキャンペーン

日本カイロ工業会が行っている、クイズの正解者の中から抽選で賞金やカイロ商品が当たるキャンペーン。日本カイロ工業会のホームページから応募。

【カイロ工業会】
http://www.kairo.jp

スーパー・ドラッグストアなどのキャンペーン

カイロの日に合わせ、カイロ製品の販売キャンペーンなどが行われる。カイロ使用による低温火傷など健康被害への注意喚起、正しくカイロを使う方法を書いたチラシの配布が実施されることも。

本格的に寒くなる冬へ備え、近くのスーパー、ドラッグストアをチェックしてみよう!

カイロの日について調べた感想

誰もが一度はお世話になったことがあるだろう、カイロ。学生時代は、コートのポケットにカイロを忍ばせて、背中を丸めて通学していたことを思い出します。今では、おしゃれを最優先して薄着で過ごすことが多く、靴下用(つま先用まである素晴らしさ!)を手放せません。

日本には、昔から寒さ暑さを凌ぐ知恵が豊富にあります。寒い冬を過ごすため、カイロをはじめとする携帯保温機、コタツや火鉢などの暖房機、柚や生姜を使った料理で体の中から温める知恵など、様々な方法があります。カイロの日には、カイロの正しい使い方を知るとともに、昔からある知恵にも目を向けて、今年の冬の「ぽかぽか計画」を立ててみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク