読書の日 10月27日の由来って?

秋と言えば、食欲の秋、運動の秋、芸術の秋、そして、読書の秋ですね。

暑い夏が過ぎて、季節もおだやかで、空気もおいしくて、湿度もちょうどよく、いろいろな意欲がわいてくる季節ですからそう呼ばれるのでしょうね。

ところで、10月27日は、読書の日って知ってましたか?

どうして、読書の日が10月27日になったのでしょう?
由来について調べてみました。

この記事では、こんなことについて書いてます♪

  • 読書の日 10月27日の由来って?
  • 子ども読書の日はどうして10月23日ではないの?
  • 子ども読書の日のほかに子ども読書週間も
  • 読書をすると何がいいの?
  • わが家は毎日読書の日
  • わが子に見る驚きの読書効果

読書の日 10月27日の由来って?

読書の日は、10月27日ですが、実は読書の日はこの一日だけで終わりません。
10月27日から11月9日までの2週間が読書週間とされています。

その始まりは、昭和22年にまでさかのぼります。昭和22年と言えば、終戦が昭和20年ですから、まだまだ戦争の爪痕が日本の各地で見られた時期です。心に深い傷を受けた日本国民が、知恵と希望と活力を得るためには、読書は最適だったかもしれません。もともと勤勉な国民性をもっていますし。

そんな時代の気分を悟ってか、大手出版社や本屋さん、公共の図書館などが結束し、さらにはメディアも加わって、第一回「読書週間」が催されました。

この第一回「読書週間」は、11月17日から開催されました。
一回目は、10月27日からではなかったのですね!

これが大成功。

そして、次の年に開かれた第二回「読書週間」は、10月27日から11月9日までの二週間になりました。
つまり、10月27日の由来は、第二回「読書週間」からだったのですね!

第二回「読書週間」で定められた二週間の期間は、まん中に文化の日があり、この日を中心に二週間というくくりだそうです。

評判良かった第一回、からの、第二回でしたので、一気に全国化。
もともと読書好きだった?日本人にとって、まさにハマった企画だったのでしょう。

同時に、「読書の日」「読書週間」がもうけられたことで、日本人はより本を読む民族になった、とも言えるかもしれません。

dokusho

子ども読書の日とは?どうして10月23日ではないの?

子どものためにも「読書の日」があることをご存じですか?

4月23日は「子ども読書の日」です。

これについてはよくわからないのですが、子どもの読書活動推進に関する法律なるものがあるそうです。
ここが4月23日の出どころのようです。

10月23日の「読書の日」は、出版社やマスコミなどが中心でしたから、そもそも出発点が違ったようですね。

「子ども読書の日」の目的は、子どもだけではなく子どもを教え導く大人が、子どもの読書活動について関心を抱き理解を深めるようにとの意識を広めることにありました。

そして、この日が4月23日に定められた理由は、ユネスコが宣言した「世界 本と著作権の日」だからで、ちょうどこの日は、シェイクスピアとセルバンテスの命日にあたるとのことです。ユネスコは、二人の命日にあわせ、「世界 本と著作権の日」を定め、我が国でも、この日にあわせ「子ども読書の日」を定めたというわけですね。

子ども読書の日のほかに子ども読書週間も

「こども読書の日」のほかにも「子ども読書週間」というのがあるようです。

こちらは1959年(昭和34年)に始まりました。
「読書の日」から12年遅れてのことですね。

「子ども読書の日」の始まりは、日本書籍出版協会児童書部会の方々が中心になった「こども読書週間」が始まりのようです。

開催期間は4月27日から5月10日まで、「子ども読書の日」に近いですね。

読書をすると何がいいの?

読書の魅力や効果ってなんでしょう?

挙げればキリがありませんが、一つあげるとすれば、移動が自由なことでしょう。

人生を豊かにするものは、人と会うこと、旅をすること、読書をすること、などが挙げられます。
この中で、最も移動の制限を受けないのが読書でしょう。本という想像の世界の中で、わたしたちは自由に移動することができます。

自由な身分で、自由な体験をし、自由な感情を抱くことができます。
そこで様々な追体験をすることによって、人生の豊かさが増し、判断力も養われていくのです。

貧しくてお金がなくても、一冊の本さえあれば、心は解き放たれて自由を得ることができます。
実際に列車や船に乗って旅をすることができなくても、地球の裏側や宇宙にだって行くことができるのです。

知恵を身につけることは、かけがえのない財産をもつことと同じです。
そのために、読書はとても役立つ手段と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク